ニューボーンフォト成功の法則

スムーズな撮影の決め手は眠りの深さ

ニューボーンフォトは限られた期間にしか残すことの出来ない貴重な撮影です。撮影時期としては生後2週以内を推奨しております。

ママのお腹の中にいた時の記憶がまだ鮮明で、体がとても柔軟な為、赤ちゃんにストレスを与える事なくあのようなポージングができ、赤ちゃんにとって心地よくグッスリ眠り続けてくれる時期です。

出生児の体重などにもよりますが、生後2週を過ぎるとだんだんと眠りのリズムが変わってくる為、赤ちゃんが熟睡していないと、うつ伏せや小さく丸まったような可愛いポーズでの撮影が困難になります。また、何もくるまれていないはだかんぼうの撮影では手足の動きが目覚める原因となるため、深い眠りの時でないとできない撮影となります。そういった理由から、当店ではおくるみでくるみ、熟睡しやすい状態からスタートします。

個人差はありますが、3週間を過ぎたあたりから、股関節や背中が徐々に固くなり始めます。また、お腹周りにもぽっちゃりとお肉がつき始め、ほとんどの方が希望される丸まったポーズができなくなってきます。ニューボーンフォトは赤ちゃんを寝かし付け、眠った状態でポージングし、撮影します

よりいろんなポーズやほやほや感を残したい!という方は

1~2週間以内での撮影をオススメしております。もちろんその期間を過ぎても撮影することもありますし、上手くいく場合もございますが、熟睡できず、時にはずっと泣きっぱなしのこともあり、希望するポージングができず、起きたままでもできるポーズでの撮影になってしまうことをご承知おきください。また3,000g超で生まれた場合は成長も早い場合が多く、なるべく早めの撮影をお願いしております。

撮影日のママへのお願い

お客様にはなるべく撮影時に眠りにつけるような状態でご調整いただけるようお願いしております。しっかりと寝た状態でやってきた赤ちゃんは完全に寝つくまでに1〜2時間ほどかかったり、眠りが浅く撮影中にも度々目が覚め、中々寝付けないお子様もいます。もちろん私たちも精一杯の努力は惜しみませんが、撮影中の赤ちゃん自身の負担を減らし、安全にスムーズな撮影を成功させるにはここが一番のポイントです

撮影中は

静寂な環境づくりのためスタジオに入れるご家族もお二人までに限定させていただいており、携帯での撮影や大きな話し声はお控えていただくこともお願いしております。長丁場の緊張した環境での撮影になることをご承知おきください。なかなか寝つけず、撮影時間の延長となれば、延長料金もいただくことにもなりますので、できるだけ上記のことをご配慮いただき、ご協力いただけますようお願い申し上げます。

入眠状態が良く、規定ポーズの撮影が時間短縮で終えた場合は新生児の余計な負担軽減のため、規定時間より早く終わることもありますが、ご理解賜りますようお願いいたします。その他わからないことがあれば、何なりとご質問ください。

 

ニューボーンフォト をお考えの方は撮られる前にこちらのコラムもご覧ください

関連記事

ニューボーンフォトについてよくお問い合わせにあるご予約・撮影までの流れについてご説明させていただきます(スタジオ撮影の例) ご予約・お問い合わせについてお問い合わせについては随時受け付けております。できれば当社[…]

関連記事

今回は当店を初めてご利用いただいたニューボーンフォト のKさまのお写真を例に当店のレギュラープランでの撮影について注意事項や流れを含めてご説明します当店でニューボーンフォト を撮影するお客様のほとんどがご利用いただくレギュラープランでは[…]

ニューボーンフォト
>初めての方へ

初めての方へ

ご予約や日程の確認、サイトをご覧いただいて不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。お急ぎの方はまずこちらに、営業時間外や定休日でもできるだけ早く返信させていただきます。(※お問い合わせには友だち追加が必要です)

CTR IMG