ニューボーンフォト撮影プラン(レギュラープラン)紹介

今回は当店を初めてご利用いただいたニューボーンフォト のKさまのお写真を例に当店のレギュラープランについて注意事項や流れを含めてご説明します
当店でニューボーンフォト を撮影するお客様のほとんどがご利用いただくレギュラープランでは撮影時間が90分で4つの衣装をお選び頂けます

  • 当日スムーズに進行するために、事前にギャラリーで絶対この衣装を着たいという1着を決めていただき、最初はその1着から撮影を始めます
    その他の衣装やポーズについても何着か候補をお伝えいただくと更に準備ができ、撮影だけに集中できます
    当日、急にこんなイメージでとインスタで拾った画像をお持ちいただく方、さらに分かりづらいのは本人の頭の中でのイメージを
    抽象的な言葉でザックリと伝えられることがたまにあるのですが、同じ背景素材や小物が無いだけではなく、集中して撮影しなければならないスタッフの手を止めてしまい、小物や材料などを裏で探し回ったりと撮影に大きく支障が出ることも実際に何度かありましたので、イメージの伝達等は前日までにお願いしており、当日急にと言うのは内容にもよりますが、お断りする旨をお伝えしています
    また「はだかんぼう」も衣装1着分としてカウントします 

余談ですが、はだかんぼうは希望が多い、人気ポーズの1つなのですが、私たちにとって衣装を着せて撮影する以上に難易度・緊張度の高い撮影となります
ご想像の通りですが、はだかんぼうという無防備な姿になりますと、オシッコ(うん◯)を高確率でします
また何にもくるまれていないはだかんぼうの状態では手足が自由に動かせるため、モロー反射で生じた自分の動きにビックリしてしまい、その衝撃で目を覚ましたり、泣いて、ぐずってしまうので撮影が中断されることもあります
ですので完全に眠りに入った状態で起きないように細心の注意を払い、おむつを脱がせて撮影します

意外と大変な撮影なんです(*´-`)

  • 4着と言っても、1着につき1パターン(ポーズ)だけではなく、ヘアアクセサリーや最初全身くるんでいたおくるみをだんだん解いていき、手を出して、手の置き位置を変えたり、いろんなバリエーションを試みて、横向き、うつ伏せなどの体制もどんどん変えて撮ります
    背景生地や何種類かの籠、シチュエーションに合わせて、セットもチェンジしたりとお子様の状態に合わせて次々と撮影していきます
  • また、最近は両親も手だけ参加したいと言う方も増え、それにもママ一人だけでできるもの、二人の手で包み込みものなど、いろんなバリエーションがあり、パパの休みの日に合わせ、両親でご来店いただくお客様が増えました
  • 言うまでもありませんが、ぐっすりと寝ていることが前提でそう言ったスムーズな撮影の流れが成立します
    当店へお越し下さるお客様には事前に撮影前にお約束事などをお伝えしますので、みなさんそれを守ってくださるおかげで大体は90分内に撮り終えることが可能となりました
    途中、眠れずに授乳を挟んだりすることもありますが、全然起きずに予定時間を大幅に前倒しして終了する優秀なベビーもいらっしゃいます
    私たちがニューボーンフォト を撮り始めた7年前とは天と地ぐらい取り組む姿勢や事前の準備も変わり、そして新生児のケアや技術の向上もありましたが、たくさんの経験を積んで、撮影の短時間化に繋がってます
    そして一番の要因
    お客様が真面目に事前のコンディション作りをしてくださることで、それがしっかりされるかされないかでほぼ撮影の撮れ高が決まります


新生児の撮影もメジャーになりつつある現在、今後ますます定番メニューとなっていろんな写真館やママフォトグラファーの方々の参入で普及していくことは本当に喜ばしいことですが、フォトジェニックな写真ゆえ、全てではないですがインスタ等で合成で行われているポーズであることを知らずに、赤ちゃんの身体に大きく負担がかかり、不可能であるはずのポーズをできるものだと勘違いし、基礎知識を学ばず、安易に試したりすれば、ちょっと間違えると大変危険を伴う撮影となります
そういった事故が起こって、生後2週までの新生児期にしか撮れないせっかくの素晴らしい写真が風評被害で下火になることだけが懸念されることです

そういった点だけでもどこでも簡単に撮れる写真ではないことだけは知って、価格だけにとらわれず、ちゃんとそこで実際に撮ったギャラリーなどで実績や安全性を確認して、慎重にカメラマンやスタジオをお選ぶことをお勧めします

少し脱線しましたが、レギュラープランはだいたい以上のようなプラン内容で、スライドショーやレタッチデータ20cut、飾れるウッドフレームが付属する商品となっております

普段は七五三であったり、ベビーキッズ、様々な撮影も行なっているため、準備片付けを含め、スタジオを長時間占有し、スタッフの手が掛かるニューボーンフォト の撮影はなるべく平日をお勧めしておりますが、最近はパパの休みの土日を希望されるお客様も増え、ピーク時間帯は避けて予約を入れることは場合により可能ですが、割増料金を頂戴しておりますことをご了承ください
またそこまで必要ではないと言う方には衣装は2着で、はだかんぼうや両親が参加するショットは撮れませんが、簡易的なショートプランもご用意しています
また最近、コロナ禍や出産後の慌ただしい日々で撮り頃を逃し、やむなく諦めたと言う声も多くあり、少し撮りごろは過ぎたけど、生後30日〜45日まででニューボーンフォト 風に撮りたい方のための救済プランも新設いたしました

詳しくはプランをご確認ください

 

 

 

 

ヤマダフォト の新型コロナウイルス 感染予防・感染拡大防止策について

石川県でニューボーンフォトはヤマダフォト

能美市 金沢市 小松市 野々市市 白山市 加賀市 石川 福井 富山 北陸 出張 撮影

マタニティ、ニューボーンフォト、七五三撮影を得意とし、女性スタッフが活躍する石川県能美市の写真館です。子供や家族を簡単にスマホで撮れる時代、私たちの使命は誕生からの軌跡(キセキ)、家族の愛情をカタチにし、幸せになる本物の一枚を残すことです。

ヤマダフォトギャラリーブログで愛情あふれるお客様との時間や日常を綴っています!応援お願いいたします! 

下記SNSでも情報発信・ギャラリー投稿しております

Facebook

Instagram 

公式LINE

友だち追加